トップ

法人カードと個人事業主

法人カードは個人事業主でももてるのか

法人カードは個人事業主にも発行してくれる

PR:法人カードを作るメリットとは?

フリーランスで仕事を始めると一番負担になるのは経理ではないでしょうか。会社に勤めている時でしたら、税金に関わることはすべて会社が行ってくれますからまったく気にする必要はありませんでしたが、フリーで仕事を始めると確定申告など税金に関わることはすべて自分でしなくてはならなくなります。

私が独立をして仕事を始めたとき、一番苦労したのが確定申告でした。レシートや領収書は残していましたが、ただ残しているだけでしたので、年末年始のお休みの時にひとりで何日もかけて仕分けをして、会計ソフトに入力をした経験があります。

そんな時、私が目にしたのが法人カードでした。法人カードといえば会社だけが作れるものというイメージがありますが、実はフリーランスの個人事業主でも作ることのできるカードがあります。法人カードを作ったことで、私用で使うお金と会社で使ったお金を分けることができたので確定申告もぐっと楽になっていきました。

法人カードは個人事業主では作れないというイメージがありますが、今では多くの法人カードが個人事業主でも持てるようになっています。個人事業主が法人カードを作るには敷居が高いと思われるでしょうが、個人事業主の場合、個人が支払いの債務を負いますから、法人格の会社のように営業年数を問われることもないので、敷居は個人事業主のほうが低いといえるでしょう。

ただ、個人カードを使っていたときにカードでトラブルがあったという場合は、法人カードの発行は難しくなる可能性があります。でも、そのようなことがなければ発行はスムーズに行われるので心配をする必要はないと思います。

フリーランスになって個人カードを使い続けるデメリットとしてもうひとつあるのが、取引先への支払いです。ネット上での取引が多い場合、カードでの支払いが多くなりますが、個人のカードで経費の支払いを続けていると、カード会社からカードの停止をされる可能性があります。

個人カードはあくまでも個人の買い物や支払いに使うものですから、仕事に関係する支払いには使えないのが原則となっています。ですから、個人事業主といっても仕事で使うことはカード会社の規約に違反するということになります。

法人カードであれば取引先への支払いも問題なくカードで行えますから、カードの利用停止ということはありません。つまり、仕事の支払いはすべて法人カードにまとめることができますから、取引先の対応にもよりますが、現金での支払いを一切無くすことも可能となります。

現金での支払いが必要なくなれば、資金繰りもぐっと楽になるといえるでしょう。カード会社によって変わってきますが、締めから支払いまでに1カ月くらいの猶予があります。この間現金を手元においておくことができるので、取引先からの支払いがずれ込んでも支払いに困るという心配は少なくなります。そして、カード決済であれば振込みに必要な支払手数料も節約できるというメリットもあります。

法人カードを作るもうひとつのメリットは、信用度のアップでしょう。法人カードを作れるということは、カード会社から支払い能力があるとみなされたと見てもらうことができますから、取引先も安心してあなたと取引ができるようになる、といえるのではないでしょうか。

法人カードを利用することのメリットは以下の3つです。
・経理が簡単になる
・資金繰りが楽になる
・社会的信用度が上がる
このようなメリットがありますから、まずは問い合わせをしてみるほうがいいのではないでしょうか。